[ナイキ] スニーカー AIR MOC ULTRA - B075N3VZQF

  • モデル: B075N3VZQF
  • 913 在庫量
カラー:
    • [ナイキ] スニーカー AIR MOC ULTRA - B075N3VZQF
    • [ディーシー] スニーカー リンフィールド JP TX SE - B07C5JXXCX
    • [ティンバーランド] Raystown Sneaker Boot A19EJ - B01M4M3A0W
    • 554724-113 (NIKE) AIR JORDAN 1 MID (ナイキ) エアジョーダン 1 ミッド [並行輸入品] - B07JHX5DH4
    • 【HAWKINS】 ホーキンス ウォーキングシューズ TR SURBITON 5E サービトン 5E 【HAWKINS】 ホーキンス ウォーキングシューズ TR SURBITON 5E サービトン 5E HL13106 - B07DLHGJMT
    • [ディーシー] スニーカー ピュアハイトップエスイー DM181023 - B078K872RX

17,626円  11,157円
割引: 37%OFF

カートに入れる:

選択して下さい:



  • メイン素材: 天然皮革

  • 表地: スエード

  • ソール素材または裏地: ゴム

  • ヒールの高さ: 3 cm

  • ソールの厚さ:3cm

  • 商品紹介

    様々なアウトドアアクティビティに対応すべく、最高のパフォーマンスをあらゆる環境で発揮出来るプロダクトの開発を目指し、1989年に誕生した「NIKE(ナイキ)」が誇るアウトドアカテゴリー「a.c.g.(オールコンディショニングギア)」。1989年に「a.c.g」より始めて誕生したモデルであり、悪路を走る為のトレイルランニングモデルとして開発された「AIR WILDWOOD(エアワイルドウッド)」や、独特のフォルムや独創的なカラーリングの数々がストリートで絶大な支持を得たトレイルランニングシューズの名作「AIR TERRA HUMARA(エアテラフマラ)」等、今も尚語り継がれる名機の数々を生み出した素晴らしいカテゴリーです。更に多くの商品群には、その時代の最先端テクノロジーを封入する事により、イノベーションカンパニーとしての意味や意義をも体現。時を経た2014年には「機能性」に拘ったアパレルウェアを展開する「Acronym(アクロニウム)」の共同創立者「ERROLSON HUGH(エロルソンヒュー)」氏をデザイナーに迎え「NikeLab ACG(ナイキラボオールコンディショニングギア)」として新たなスタートを切りました。そんな「a.c.g」から1994年にリリースされた名作「AIR MOC(エアモック)」を最先端のテクノロジーでエレベートさせた「AIR MOC ULTRA(エアモックウルトラ)」のニューカラーが「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。"21世紀のモカシン"と呼ばれた「AIR MOC」は、登山後の疲労した足をリラックスさせる"アフターキャンプ"をコンセプトに開発されながら、90年代のストリートシーンに於いて都会的にアップデートされたアウトドアスタイルのニーズを満たし、タウンユースモデルとしても活躍の場を拡げて行きました。今作は「AIR MOC」の「アッパー」デザインを踏襲しながらも「ソールユニット」には「EVA(エチレンビニルアセテート)」を圧縮し、熱で膨張させた後に形成される軽量素材「ファイロン」を使用してエレベート。また「アウトソール」には「FREE(フリー)」シリーズにて培われた「フレックスグルーブ(屈曲溝)」を組み込んだ「ナチュラルモーションソール」を使用する事で「屈曲性」を確保し「インソール(中敷き)」には「メモリーフォーム」を採用する事でシューズと足の一体感を高め、優れた「フィット性」を発揮する等、見えない所にもタウンユースに実用的なアップデートを付加。カラーリングにはシンプルな印象のワントーンカラーを使用する事で、時代に左右されないクラシックなシルエットはそのままにモダンなブラッシュアップを施しています。全てのコンディションに対応する為に「NIKE」イノベーションを注ぎ込み具現化したプロダクトの数々で一時代を築き上げた「a.c.g」。そんな歴史の重みを継承しながら、現在進行形のテクノロジーを駆使し、新たなるステージへと導く逸足を足元から体感して見て下さい。

    ブランド紹介

    オレゴン大学で陸上コーチとして勤務していたBILL BOWERMAN氏とスタンフォード大学で経済学を学びながら中距離陸上選手として活躍していたPHIL KNIGHT氏が、共同出資により1964年に前身となる「BRS」を設立。当時日本で企画製造されていた「Onitsuka Tiger/asics」のアメリカでの輸入販売を行い事業を拡大。またその頃からBILL BOWERMAN氏が企画したプロダクトが「Onitsuka Tiger」から販売され、好調なセールスを記録する等、現在の「NIKE」が誇るイノベーションの精神はこの当時から根付いていました。その後、より高い利益性を求めて自社製品の開発販売をスタート。1971年に第1号社員であるJEFF JOHNSON氏の夢の中にギリシャ神話の勝利の女神ニケが現れた事を由来にブランド名と社名を「NIKE」へと改名。80年代に業績が窮地に立たされた際には"JUST DO IT"のスローガンを掲げ、その飽くなきチャレンジ精神で逆境を乗り越え、更には現在の躍進を支える事となる2つの柱が誕生しました。1つ目はテクノロジーの開発。これまでにBILL BOWERMAN氏が朝食のワッフルから着想を得たWAFFLE SOLE。1977年に発明家であったFRANK RUDY氏がミッドソールにAIRを埋め込むと言うアイデアをPHIL KNIGHT氏に提案し、そのプロトタイプで試走した時からスタートを切ったクッショニングシステムAIR。月面を歩いているかの様なクッショニングを提供してくれるLUNAR等のブランドアイコンとなるテクノロジーの開発に尽力して来ました。そして、2つ目はプロスポーツ選手との契約。これまでに数多くのプロスポーツ選手と契約し、シグネチャーモデルをリリースする事で世界を代表するスポーツブランドへと躍進を遂げました。その代表例が数々の名作を生み出したバスケットボールカテゴリーの中でも、重要なプロダクトの1つとして挙げられるNBA史上最も愛された選手MICHAEL JORDAN氏のシグネチャーモデルAIR JORDANシリーズ。1985年にファーストモデルAIR JORDAN Iがリリースされてからシリーズの歴史がスタート。1996年には「NIKE」から独立した歩みを進め「JORDAN BRAND」としてAIR JORDAN XIIがリリースされ他のモデルやカテゴリーとの差別化を図る事により、シリーズ独自のベクトルを明確にしました。そしてファーストモデルの誕生から30周年を経過した現在も最新モデルが継続リリースされ、MICHAEL JORDAN氏が現役を退いた後も多くのユーザーから愛され続けています。その他にもテニスではANDRE AGASSI氏を筆頭に現役として活躍するROGER FEDERER氏やRAFAEL NADAL氏そして錦織 圭氏、ゴルフではTIGER WOODS氏、フットボールではCRISTIANO RONALDO氏やNEYMAR氏が挙げられる様に各スポーツのトッププレーヤーと契約を結ぶ事でスポーツ業界を牽引。現在もイノベーションカンパニーとして、最新鋭のテクノロジーを紡ぎ上げたイノベーティブモデルを始め、其々の時代を彩った各カテゴリーを代表するエポックメイキングの復刻やモダンな付加価値を纏ったハイブリッドモデルを携えて、新たな歴史を刻んでいます。

    [ナイキ] スニーカー AIR MOC ULTRA - B075N3VZQF